鍼灸師を目指すなら専門学校に通うべき!国家資格取得にも有利

SITEMAP
お灸

鍼灸師の国家資格取得には専門学校がおすすめ

カウンセリング

鍼灸師は開業もできる国家資格であり、その取得には大学や専門学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。選択肢として大学に行くか、専門学校に行くかということがありますが、鍼灸師になるには専門学校に行くことをお勧めします。開業できるといってもやはり技術がないと不安です。その点鍼灸専門学校であれば実技を行う授業も多くあり、実践的な能力を身に着けることができます。さらに専門学校であれば大学と違い一般教養の授業がないので、授業時間が少なくて済みます。すでに大学を卒業しているという方にとって、学位を2つ持つことはあまりメリットがないことだと思います。ですので、一般教養の授業に時間を割く必要がある大学への進学ではなく、専門知識の習得に集中した授業だけを受けることができる専門学校の方が時間を有効活用できるといえるのではないでしょうか。専門学校であれば3年で卒業でき、卒業まで4年かかる大学よりも学費が節約できることが多く、さらに社会人になるのも早いです。大卒と専門卒だと給与体系に違いがある企業もありますが、開業する人が多いことを考えるとあまり気にする必要はないと思います。これらの点から鍼灸師を目指すなら専門学校へ進学することをお勧めします。

鍼灸師になるのなら専門学校に行きましょう

様々な場所で鍼灸師になるための勉強をする事が可能です。ではどこで鍼灸師になる勉強をするのが良いのかと言うと、鍼灸専門学校という専門学校で勉強するのが最適な選択肢です。こちらの専門学校に入学すると、鍼灸師になるための専門的なプログラムが準備されています。そのため鍼灸師のイロハをきちんと学ぶ事が可能です。鍼灸師は国が定めた国家資格です。鍼灸師なるためには実技が非常に大切なのはもちろん、国家試験を合格するためには知識の完璧でないといけません。鍼灸専門学校ではこのような国家資格対策もしっかり行います。
次に就職にも非常に有利になります。鍼灸専門学校は独自のネットワークがあり、鍼灸師の求人は常にチェックしています。そしてその求人情報は鍼灸専門学校に入学していないと、紹介してもらえない場合がほとんどです。
鍼灸師は基本的には最短三年で取得できる国家資格です。専門学校であれば夜間のコースもあるので、昼間に仕事やアルバイトをしている人でも、安心して通学する事が可能です。夜間でも昼間と全く同じ内容を学ぶ事ができます。
そのため鍼灸師として就職するのであれば、鍼灸専門学校に入学して勉強するのがベストの選択です。

鍼灸の事を学ぶなら専門学校がお勧めです

鍼灸といえば体の痛みや不調を軽減するもので、その歴史は古代の中国にまで遡ります。長い歴史の中で培われた技術は現在も受け継がれています。鍼灸は、鍼や灸を用いますが専門的な知識が必要になり、さらに実践の場で学ぶことでその技術は高まっていきます。鍼灸を学びたいと思ったら専門学校で学ぶ事がお勧めです。鍼灸の専門学校では、鍼灸と一言で言っても様々な鍼灸の事が学べます。近年ではスポーツ、美容、娯楽施設などでも活用される場面が多くさらにその可能性は広まっています。鍼灸専門学校では、スポーツの為の鍼灸が学べる学科、美容のための鍼灸が学べる学科など自分のなりたい鍼灸師を目指して学ぶことが出来ます。そして実習などが充実しているので、授業だけでは学べない実践的な知識も得ることが出来ます。そして鍼灸に関連する資格を取ることが出来るので就職にも有利です。これらの資格は国家資格で、開業する権利も得られます。国家資格を取れるように充実したサポートや、もしも資格の試験に落ちてしまった場合は合格に向けてもう一度講習を受けられるなど、資格を取れるサポートが充実しています。興味が有る方はまずは無料の資料請求や学校説明会などを受けてみましょう。

update post

  • 鍼灸専門学校で実戦で使える技術を身につけよう

    鍼灸を受ける女性

    鍼灸マッサージ師は、健康、美容、福祉、スポーツ、様々な場面で活躍しています。高齢化が進む日本では、今更なる需要の高…

    MORE
  • 鍼灸師になるために通う専門学校選び

    鍼灸師

    鍼灸師になるためには、養成学校に通わなくてはなりません。鍼灸専門学校は、その鍼灸師になるための教育をしている専門学…

    MORE

contents list